日本・オーストリア友好150周年記念
ハプスブルク展|600年にわたる帝国コレクションの歴史

イベント・グッズ

【講演会】

1. イタリア美術コレクターとしてのハプスブルク家

[日時]2019年10月19日(土)14:00~15:30
[講師]フランチェスカ・デル・トッレ=ショイヒ(ウィーン美術史美術館 イタリア・ルネサンス美術担当学芸員)
※同時通訳付き

2. 世界支配者はなぜ美術品を蒐集したのか―芸術コレクションにみるハプスブルク家の横顔

[日時]2019年11月30日(土)14:00~15:30
[講師]山之内克子(神戸市外国語大学 教授)

3. ハプスブルク家のコレクション―神聖ローマ皇帝ルドルフ2世を中心に

[日時]2020年1月11日(土)14:00~15:30
[講師]中田明日佳(国立西洋美術館 主任研究員)
会場
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員
各回先着130名(聴講無料。ただし聴講券と本展の観覧券(半券可)が必要です。)
参加方法
当日12:00より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。
会場へは開演の30分前からご入場いただけます(整理番号順)。
※講演会のタイトル、内容等は変更となる場合があります。
【スライドトーク】
展覧会のみどころや主な作品について、スライドを使って解説します。
日時
2019年11月8日(金)、12月6日(金)、2020年1月17日(金)
各回18:00~(約30分)
解説
今野佳苗(本展覧会アシスタント)
会場
国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員
各回先着130名(聴講無料。ただし本展の観覧券(半券可)が必要です。)
参加方法
直接講堂にお越しください(開場時間は各日とも開演の30分前)。

coming soon...